WEB診療予約

〒509-6124 岐阜県瑞浪市一色町2-132

TEL:0572-68-1177

瑞浪市一色町の皮膚科、内科 こせき醫院

各種健診・各種予防接種

facebook.

HOME»  各種健診・各種予防接種

予防接種

ワクチンによって予防が可能な疾患があります。多くはお子さんですが、ご年配の方でもそれぞれの年代において受けた方がいいワクチンがあります。医師のアドバイスを受け、必要な予防接種を受けましょう。

小児肺炎球菌

子どもの多くは、肺炎球菌をもともと鼻や喉に持っています。抵抗力が下がると肺炎や細菌性髄膜炎、菌血症などを引き起こす可能性があるため、ワクチンが必要です。ワクチンを接種すれば、肺炎球菌への抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】生後2ヶ月以降

Hib(ヒブ)

Hibとはインフルエンザ菌b型のこと。口、鼻から吸い込んで感染し、細菌性髄膜炎、菌血症などを引き起こします。ワクチンを接種すればHibへの抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】生後2ヶ月以降

DPT-IPV(四種混合)

DPT-IPVとは「百日せき」「ジフテリア」「破傷風」「ポリオ」の四種のワクチンのこと。いずれも命にかかわる病気です。ワクチンを接種することでそれぞれへの抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】生後3ヶ月以降

水痘

水痘(みずぼうそう)のワクチンのこと。感染すると発熱や皮膚にぶつぶつができるなどの症状が起こり、ひどくなると命にかかわります。ワクチンを接種することでそれぞれへの抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】1歳以降

MR(麻しん風しん)

MRのMは「麻しん(はしか)」、Rは「風しん」のことです。感染すると発熱し、特に「麻しん」は命にかかわるケースもあります。感染力が高く、家族にうつるので注意が必要です。また、妊娠中に感染すると流産、早産のリスクが高まったり、赤ちゃんが感染して、耳が聞こえにくい・目が見えにくいなどで生まれる可能性があります。ワクチンを接種することで麻しん、風しんへの抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】子ども:1歳以降と小学校入学前1年の2回、大人:20代以上(妊娠前)

B型肝炎

B型肝炎ウイルスは肝臓に感染して炎症を起こすウイルスです。肝炎が続くと、肝硬変や肝がんに進展するリスクがあります。ワクチンを接種することで、B型肝炎への抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】子ども(生後2ヶ月以降)、大人ともに計3回

日本脳炎

原因は蚊が運ぶウイルス。感染すると、脳炎のリスクが高まり、命にかかわることがあります。ワクチンを接種することで日本脳炎への抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】3歳以降に計3回、9歳に1回

高齢者の肺炎球菌

肺炎は日本人の死因の第三位です。風邪がきっかけで肺炎になったり、風邪をひかなくても肺炎になることがあり、65歳以上の方ですと症状悪化が早いのが特徴です。ワクチンを接種することで肺炎球菌への抵抗力ができ、感染を予防したり、症状が軽減できます。
【接種年齢】65歳以上の方:平成26年から平成30年度まで1人1回、公費助成で受けられる

TOP